網膜静脈閉塞症とは

網膜静脈閉塞症はその名称の通り、網膜の血管(静脈)が目詰まり(閉塞)を起こし、網膜がむくんだり出血したりすることで、ものが見えにくくなる病気です。

この病気は、血圧の高い方や慢性腎臓病の方が発症するリスクが高いとされており、男性では40代以降、女性では50代以降に、加齢とともに発症しやすくなります。

抗VEGF療法

網膜静脈閉塞症に伴う黄斑部のむくみには、VEGFという物質が関与しています。

そのため、VEGFのはたらきを抑えるお薬を目に注射します。

アイリーア(R)による治療も抗VEGF療法といいます。

レーザー光凝固

レーザー光線をむくみのあるところに照射して、むくみを抑えます。

また、光凝固は重症化を防ぐために予防的に行う場合もあります。

ステロイド療法

炎症を抑える作用があるステロイド薬を目に注射して、黄斑のむくみを抑えます。

硝子体手術

他の治療法で十分な効果が見られない場合や硝子体出血が起こっている場合などには硝子体手術を行う場合があります。

※他クリニックをご紹介いたします