白内障とは

水晶体というピントを調節するレンズ部分が白や黄色に濁る為、外からの光が通過できなくなり、網膜に鮮明な像が映りにくくなる病気です。

水晶体自体が濁っている為、メガネでは矯正できません。

視力が低下してきたり、眼底写真で眼底がぼやけて写っているような場合には、白内障が疑われます。早めに眼科を受診して、視力低下や白濁の進行状態を知ることが大切です。

治療法

初期治療は点眼薬および内服薬が用いられていますが、白内障を治すものではなく、水晶体の混濁の進行を遅らせるものであり、薬物治療で視力を回復させることはできません。進行の度合いによっては医師の判断で手術が必要です。

白内障の手術(白内障超音波摘出術+眼内レンズ挿入術)では、水晶体の濁っている部分を超音波で吸引して取り出し、眼内レンズを挿入します。


白内障日帰り手術の詳細はこちら

早期発見法

視力が低下してきたり、眼底写真で眼底がぼやけて写っているような場合には、白内障が疑われます。

早めに眼科を受診して、視力低下や白濁の進行状態を知ることが大切です。


白内障を早期発見するためのセルフチェック

  • 物がぼやけて見えたり、かすんで見える
  • 物が二重、三重に見える
  • 視力が急に低下した
  • メガネやコンタクトレンズの度を何度も変えている
  • 光がまぶしく感じられることがある
  • 暗いところで以前より物が見えにくくなった
  • 老眼鏡をかけてもよく見えない