緑内障

緑内障は、目の中にある房水(栄養を運ぶ液体)が排出されにくい状態や排出されない状態になり、目の中の圧力(眼圧)が上がって、目の機能が落ちる病気です。放っておくと見える範囲が徐々に狭くなったり、視力が落ちたりして、最後に失明することがあります。また日本人に多いタイプで、眼圧は正常範囲にあるのに視神経が障害される場合があります(正常眼圧緑内障)。

白内障

水晶体というピントを調節するレンズ部分が白や黄色に濁る為、外からの光が通過できなくなり、網膜に鮮明な像が映りにくくなる病気です。

水晶体自体が濁っている為、メガネでは矯正できません。

視力が低下してきたり、眼底写真で眼底がぼやけて写っているような場合には、白内障が疑われます。早めに眼科を受診して、視力低下や白濁の進行状態を知ることが大切です。

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症はその名称の通り、網膜の血管(静脈)が目詰まり(閉塞)を起こし、網膜がむくんだり出血したりすることで、ものが見えにくくなる病気です。

この病気は、血圧の高い方や慢性腎臓病の方が発症するリスクが高いとされており、男性では40代以降、女性では50代以降に、加齢とともに発症しやすくなります。

糖尿病網膜症

現在、成人の失明原因の第1位となっており、糖尿病が原因で網膜に異常をきたす病気です。網膜は多くの血管によって栄養を得ていますが、糖尿病になると、これらの血管が閉塞したり血管から栄養が漏れたりして網膜のすみずみまで酸素や栄養を充分には送れなくなってしまいます。その結果、出血や白斑などの出現、さらには硝子体出血、線維増殖膜形成、牽引性網膜剥離へと進み、失明に至る場合も少なくありません。

コンタクトレンズ・眼科処方

コンタクトレンズは医療用具です。視力矯正の道具とはいえ眼に異物を入れるのと同じで、眼には負担がかかっています。眼の状態にも個人差がありドライアイや、角膜や瞼に病気がありコンタクトレンズを使うのが難しい場合もあります。また、レンズのタイプによる相性には個人差がありますので、検査・診察を受けたうえで、最適なものを処方いたします。

網膜剥離

網膜剥離は失明の危険が高い、恐ろしい病気と考えられていましたが、治療技術が進歩した現在では、95%の患者さんが視力も視野も回復し、以前と変わらぬ生活を送っています。

しかし、発見が遅れれば治療も回復も困難になるので、早期発見に努めることが大切です。