お知らせ一覧

2015/03/01

平成27年3月より、厚生労働省の先進医療認定施設になりました。

平成27年3月から白内障手術における「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の先進医療施設になりました。北海道では当院を含め11の施設でのみ認定されていません。

当院は多焦点眼内レンズを用いる白内障手術について厚生労働省より先進医療施設認定を受け、先進医療として施術可能となりました。
保険適用とならない手術部分だけは自由診療(自費診療)となりますが、通常の保険診療と共通する部分である術前・術後の検査・診察費用は公的医療保険を使うことができるのが先進医療の制度メリットとなります。
生命保険会社が提供する先進医療特約を付加した医療保険等にご加入の方は先進医療特約給付金を受け取れる可能性がありますので、ご契約の生命保険会社にお問い合わせ下さい。

お知らせ一覧

  • 緑内障

    SLT
    治療可

    緑内障は、目の中にある防水(栄養を運ぶ液体)が排出されにくい状態や排出されない状態になり、目の中の圧力(眼圧)が上がって、目の機能が落ちる病気です。

    詳細はこちら

  • 糖尿病網膜症

    成人の失明原因の第1位となっている恐ろしい眼の病気が、糖尿病網膜症です。糖尿病が原因で網膜に異常をきたす病気です。

    詳細はこちら

  • 白内障

    日帰り
    手術可

    水晶体というピントを調節するレンズ部分が白や黄色に濁る為、外からの光が通過できなくなり、網膜に鮮明な像が映りにくくなる病気です。水晶体自体が濁っている為、メガネでは矯正できません。

    詳細はこちら

  • 網膜剥離

    網膜がはがれることで、視野の一部が欠けてしまう病気です。網膜細胞に栄養が届かずダメージを受け、元に戻りにくいので早期に手術で元の位置に戻さなければなりません。

    詳細はこちら

当院にご相談ください。網膜静脈閉塞症

網膜のむくみ・出血でものが見えにくくありませんか?

加齢とともに発症リスクが高くなる「網膜静脈閉塞症」。

是非一度、当院までご相談ください。