緑内障

緑内障とは

緑内障は、目の中にある房水(栄養を運ぶ液体)が排出されにくい状態や排出されない状態になり、目の中の圧力(眼圧)が上がって、目の機能が落ちる病気です。放っておくと見える範囲が徐々に狭くなったり、視力が落ちたりして、最後に失明することがあります。また日本人に多いタイプで、眼圧は正常範囲にあるのに視神経が障害される場合があります(正常眼圧緑内障)。

治療法

緑内障による視野の欠けや視力低下は、元に戻ることはありません。緑内障に治療目的は、どれも眼圧を下げ、病気の進行を止めるためのものです。

早期に発見して、治療を受けることで失明を予防することが大切です。緑内障のタイプや進行の程度により、治療方法が違ってきます。

たとえば、慢性の開放隅角緑内障というタイプでは、まず点眼薬での治療を行います。

何種類もの点眼薬から全身状態や副作用を考慮して適切な薬を選択します。

点眼薬で眼圧がコントロールされなければ、内服薬、レーザー治療、手術治療が必要になります。

慢性型でも閉塞隅角緑内障のタイプでは、最初にレーザー治療が行われます。

院長小笠原は旭川医大で長年緑内障専門外来を担当し、手術治療を含め豊富な治療経験をもっております。

当院ではレーザー治療まで行っておりますが、手術が必要な患者様には適切な施設をご紹介しております。

早期発見法

急性型(急性閉塞隅角緑内障)

突然、激しい頭痛・目の痛み・腹痛・嘔吐などにおそわれるのが急性型の緑内障。中年以降の女性に多いのが特徴です。腹痛・嘔吐などの症状から内科に運ばれる場合があるので注意!「目も痛みます」と訴えることが大切です。目の治療が遅れると、数日で失明することがあります。

軽い頭痛・目の痛み・虹視症など、前触れを経験する人もいます。虹視症というのは、電灯のまわりに虹のような輪が見えること。こうした症状が出たら、早めに受診してください。

慢性型
  • 正常

  • 中期

慢性型の緑内障は自覚症状がほとんどなく、視野が欠けるとか、視力が落ちるなどの症状が出てきた時には、かなり進行しています。緑内障の9割以上は、この慢性型。放っておくと、10年20年と長い間に、少しずつ視神経がおかされていきます。

日本人では40歳以上の17人に1人は緑内障といわれています。また年齢とともにその頻度は多くなります。人間ドックや検診でたまたま緑内障を疑われて、見つかることも多いです。40歳を過ぎたら成人病検診と同じように、眼科で緑内障の定期検査を受けたいものです。また遺伝する場合もあるので、血縁に緑内障の人がいたら、ぜひ、眼科で検査を受けてください。

SLTレーザー治療を行っています

SLTとは、選択的レーザー線維柱帯形成術(Selective laser trabeculoplasty)のことで、眼圧を低下させる効果の高いレーザー治療法です。

このレーザーは低エネルギーの短パルスを房水の流出経路である線維柱帯に照射します。

この処置により体内の自然治癒反応が引き起こされ房水の排出機能が改善し、眼圧を下げます。

非常に低出力であるため、眼内構造に損傷を及ぼすことはありません。

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症とは

現在、成人の失明原因の第1位となっている恐ろしい眼の病気が、糖尿病網膜症です。糖尿病が原因で網膜に異常をきたす病気です。網膜は多くの血管によって栄養を得ていますが、糖尿病になると、これらの血管が閉塞したり血管から栄養が漏れたりして網膜のすみずみまで酸素や栄養を充分には送れなくなってしまいます。その結果、出血や白斑などの出現、さらには硝子体出血、線維増殖膜形成、牽引性網膜剥離へと進み、失明に至る場合も少なくありません。

網膜症が出てくるのは、糖尿病になってから数年ないし10年ほどしてからが多いようです(7年で約50%、20年以上で約90%の発症)。

治療法

単純網膜症の段階では血糖コントロールを上手に保てば自然に軽快します。

しかし、それ以上に進んで、前増殖網膜症の段階ではレーザー光凝固術、増殖網膜症では硝子体手術といった外科的治療が必要になります。

早期発見法

糖尿病網膜症は初期には自覚症状が現れませんが、検査によって異常を発見することが可能です。また、早期発見であればあるほど、治療の成功率も高いものです。

具体的には精密眼底検査が有効です。精密眼底検査とは、目に光をあてて眼球の内側を観察しやすいよう目薬によって瞳の収縮を抑え(専門的には散瞳といいます)、検眼鏡という検査装置や眼底カメラを使って、網膜の毛細血管の出血や破綻を調べる検査です。この検査を行うと、ごく初期の小さな病変まで見つけ出すことができます。

眼底検査は、生活習慣病検診で受けることができますが、一般にいう眼底検査は精密眼底検査のように散瞳を行わず、眼底の中心部のみを対象にした写真撮影で診断する検査が主流です。そのため、眼底の周辺部にある糖尿病網膜症の初期症状を表す出血や白斑を必ずしも発見できるとは限りません。

糖尿病網膜症の早期発見には、通常の生活習慣病検診のほかに、眼科医による精密な眼底検査を定期期に行うことが必要です。また、2型糖尿病では、発病がいつからなのか正確にわからないため、糖尿病と診断されたときには、すでに網膜症がかなり進んでいる場合もあります。糖尿病と診断されたと同時に、眼科医の定期的な診断・精密検査をスタートさせ、習慣づけてください。

白内障

白内障(日帰り手術可能)

水晶体というピントを調節するレンズ部分が白や黄色に濁る為、外からの光が通過できなくなり、網膜に鮮明な像が映りにくくなる病気です。水晶体自体が濁っている為、メガネでは矯正できません。

網膜剥離

網膜剥離とは

網膜剥離の多くは、網膜に孔があく網膜裂孔から起こります。眼球の内側にある「網膜」は、厚さ約 0.2mmの薄い神経膜で、外から入ってきた光を映像として感じ取る働きをします。カメラでいえばフィルムに相当し、ここで焼きついた映像が視神経を経て脳へ伝わります。この網膜を内側から支えているのが「硝子体」です。

眼球の大部分を占める硝子体は、水分を含んだ無色透明なゼリー状の蛋白質(コラーゲン繊維)ヒアルロン酸でできており、眼球の形を保つ役割をもちます。この硝子体は、老化や強度の近視などによって、縮んでしまうことがあります。このとき、硝子体を包む網膜が一緒に引っ張られて裂けて、かぎ裂き状の孔があくことがあります(裂孔)。また、栄養障害によって網膜そのものが萎縮し、小さな孔があくこともあります(円孔)。このように、網膜が硝子体に引っ張られて裂けたり、網膜が萎縮して孔があいたりしたものを、「網膜裂孔」といいます。

治療法

網膜剥離は失明の危険が高い、恐ろしい病気と考えられていましたが、治療技術が進歩した現在では、95%の患者さんが視力も視野も回復し、以前と変わらぬ生活を送っています。しかし、発見が遅れれば治療も回復も困難になるので、早期発見に努めることが大切です。

早期発見法

網膜剥離の前兆として、目の前に黒っぽいゴミのようなものがちらつく「飛蚊症」が起こることがあります。「虫が飛んでいるようだ、煙のすすが舞っているようだ」などと訴える人もいます。はっきりと形容できないモヤモヤしたものが見えるというときは、心配のない生理的な飛蚊症であることがかなりあります。

網膜剥離の場合は、”ゴミ”や”虫”などと具体的に形容できるほか、「ゴルフをしていたら突然見え始めた」というように、症状が急にあらわれるのが特徴です。また飛蚊症の原因として硝子体出血やぶどう膜炎などの病気によるものがあります。飛蚊症を自覚したら必ずいちどは眼科で眼底検査を受けてください。

網膜静脈閉塞症

網膜静脈閉塞症とは

網膜静脈閉塞症はその名称の通り、網膜の血管(静脈)が目詰まり(閉塞)を起こし、網膜がむくんだり出血したりすることで、ものが見えにくくなる病気です。

この病気は、血圧の高い方や慢性腎臓病の方が発症するリスクが高いとされており、男性では40代以降、女性では50代以降に、加齢とともに発症しやすくなります。

抗VEGF療法

網膜静脈閉塞症に伴う黄斑部のむくみには、VEGFという物質が関与しています。

そのため、VEGFのはたらきを抑えるお薬を目に注射します。

アイリーア(R)による治療も抗VEGF療法といいます。

レーザー光凝固

レーザー光線をむくみのあるところに照射して、むくみを抑えます。

また、光凝固は重症化を防ぐために予防的に行う場合もあります。

ステロイド療法

炎症を抑える作用があるステロイド薬を目に注射して、黄斑のむくみを抑えます。

硝子体手術(他クリニックをご紹介いたします)

他の治療法で十分な効果が見られない場合や硝子体出血が起こっている場合などには硝子体手術を行う場合があります。

コンタクトレンズ・眼科処方

コンタクトレンズ処方

コンタクトレンズは医療用具です。視力矯正の道具とはいえ眼に異物を入れるのと同じで、眼には負担がかかっています。眼の状態にも個人差がありドライアイや、角膜や瞼に病気がありコンタクトレンズを使うのが難しい場合もあります。

またレンズの種類も様々です。レンズの素材やデザインによっても合う人と合わない人がいて、個人差がありますから、ことに眼科にて相談のうえ、検査・処方になります。

  • 緑内障

    SLT
    治療可

    緑内障は、目の中にある防水(栄養を運ぶ液体)が排出されにくい状態や排出されない状態になり、目の中の圧力(眼圧)が上がって、目の機能が落ちる病気です。

    詳細はこちら

  • 糖尿病網膜症

    成人の失明原因の第1位となっている恐ろしい眼の病気が、糖尿病網膜症です。糖尿病が原因で網膜に異常をきたす病気です。

    詳細はこちら

  • 白内障

    日帰り
    手術可

    水晶体というピントを調節するレンズ部分が白や黄色に濁る為、外からの光が通過できなくなり、網膜に鮮明な像が映りにくくなる病気です。水晶体自体が濁っている為、メガネでは矯正できません。

    詳細はこちら

  • 網膜剥離

    網膜がはがれることで、視野の一部が欠けてしまう病気です。網膜細胞に栄養が届かずダメージを受け、元に戻りにくいので早期に手術で元の位置に戻さなければなりません。

    詳細はこちら

当院にご相談ください。網膜静脈閉塞症

網膜のむくみ・出血でものが見えにくくありませんか?

加齢とともに発症リスクが高くなる「網膜静脈閉塞症」。

是非一度、当院までご相談ください。