白内障

白内障(日帰り手術)

水晶体というピントを調節するレンズ部分が白や黄色に濁る為、外からの光が通過できなくなり、網膜に鮮明な像が映りにくくなる病気です。

水晶体自体が濁っている為、メガネでは矯正できません。

治療法

初期治療は点眼薬および内服薬が用いられていますが、白内障を治すものではなく、水晶体の混濁の進行を遅らせるものであり、薬物治療で視力を回復させることはできません。進行の度合いによっては医師の判断で手術が必要です。

白内障の手術(白内障超音波摘出術+眼内レンズ挿入術)では、水晶体の濁っている部分を超音波で吸引して取り出し、眼内レンズを挿入します。

当院では、白内障日帰り手術を行っております!

早期発見法

視力が低下してきたり、眼底写真で眼底がぼやけて写っているような場合には、白内障が疑われます。

早めに眼科を受診して、視力低下や白濁の進行状態を知ることが大切です。

手術の流れ

ことに眼科クリニックでの手術の流れ

  1. 1検査・診察

    診察の結果白内障と診断されたら、白内障の程度によって治療方針を決定します。

    日常の生活に不自由を感じるようであれば手術を検討します。

  2. 2手術のインフォームドコンセント (医師、及び、看護師)

    白内障手術合併症・術前・術後の点眼と注意事項などご説明します。

    ご家族の方も一緒に説明を聞いていただくよう配慮しております。

    可能な限りご家族とご一緒にお越しください。

  3. 3手術日の予約申し込み

    ご相談の上、手術日を決定します。当医院ではすべて日帰り手術を行っております。

    手術日は毎週金曜日の午後です。

  4. 4手術前の検査

    眼の手術ために、全身の状態を詳しく調べる必要があります。

    必要に応じて、かかりつけの先生と相談することがあります。

    かかりつけの病院がない場合は提携の病院を紹介します。

  5. 5手術当日

    散瞳点眼・着替え・お顔・眼の清拭・バイタルチェック(体温、血圧、脈拍などのチェック)をします。

    白内障の度合いにもよりますが、通常15分程度で手術は終了します。

    手術後はしばらく安静にした後、帰宅となります。

  6. 6手術後の診察
    手術翌日、3日後、翌週に診察を行います。その後は経過により決定しております。

費用

単焦点眼内レンズの場合※2016年9月現在

  • 1割負担の方
    片眼 約1万4千円 / 両眼 約2万8千円
  • 3割負担の方
    片眼 約4万円 / 両眼 約8万円

高齢者の方は月額12,000円までのご負担となる場合がございます。

詳しくは医師または当院スタッフまでお問い合わせください。

多焦点眼内レンズの場合※2016年9月現在

片眼 35万円 / 両眼 70万円

先進医療特約にご加入の方は、上記【多焦点眼内レンズ】の金額が保険給付金の対象となります。

詳しくは医師または当院スタッフまでお問い合わせください。

先進医療施設に認定されています

先進医療とは、保険診療範囲内で行われる一般的な医療行為を超えた最新かつ優れた技術と認定された医療行為のことです。

医療の選択肢を広げることを目的とした医療行為で、厚生労働省から認定された医療機関のみ、行うことができます。

また、先進医療が認められることで、健康保険の適用範囲が広がり患者さまのご負担金が軽減されます。

  • JR琴似駅直結

  • 土日祝も診療

  • 厚生労働省の
    先進医療認定施設

  • 緑内障

    SLT
    治療可

    緑内障は、目の中にある防水(栄養を運ぶ液体)が排出されにくい状態や排出されない状態になり、目の中の圧力(眼圧)が上がって、目の機能が落ちる病気です。

    詳細はこちら

  • 糖尿病網膜症

    成人の失明原因の第1位となっている恐ろしい眼の病気が、糖尿病網膜症です。糖尿病が原因で網膜に異常をきたす病気です。

    詳細はこちら

  • 白内障

    日帰り
    手術可

    水晶体というピントを調節するレンズ部分が白や黄色に濁る為、外からの光が通過できなくなり、網膜に鮮明な像が映りにくくなる病気です。水晶体自体が濁っている為、メガネでは矯正できません。

    詳細はこちら

  • 網膜剥離

    網膜がはがれることで、視野の一部が欠けてしまう病気です。網膜細胞に栄養が届かずダメージを受け、元に戻りにくいので早期に手術で元の位置に戻さなければなりません。

    詳細はこちら

当院にご相談ください。網膜静脈閉塞症

網膜のむくみ・出血でものが見えにくくありませんか?

加齢とともに発症リスクが高くなる「網膜静脈閉塞症」。

是非一度、当院までご相談ください。